子供とのコミュニケーション

看護師の仕事では、大人だけでなく子供を相手にする場面も多々あります。その場面でどのような言葉で話せば相手にメッセージが伝わるのか、迷うケースが珍しくありません。

ベテランの看護スタッフであれば、子供との接し方のコツを十分に心得ています。一方で、新人看護師にはまだ子供と接するための知識や経験が身に付いていません。看護の仕事では子供の相手も頻繁にしなければならず、これはどうしても避けられないため、医療施設で働くことになったのなら、早い段階で子供との接し方のコツを掴む必要があります。

子供との会話では医療の専門知識のような難解な用語は通じません。子供にも分かりやすいような簡単な言葉を使うよう心がけることが大切になってきます。大人では知っていて当たり前の言葉であっても、子供には理解ができません。しかしまだ経験が浅い看護スタッフであれば、つい大人同士で話をするように難しい言葉を使いがちです。

仕事中はつい専門知識を使いそうになるものの、子供を相手にする場面ではできるだけ言葉の意味を考えて噛み砕いて変換する意識を持ちましょう。子供に医療を説明できるほど用語を理解すれば、同時に看護の仕事もはかどります。

子供は大人に比べてうまく自己表現ができないため、特に子供相手では高いコミュニケーション能力が問われます。小児科に勤める看護スタッフではなおさら、新人の看護師もすぐ子供と意思疎通が自由にできるよう、分かりやすい言葉を使って話す普段からの心掛けが欠かせません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です