基本を押さえることが大事

仕事をする時は誰でも必ず新人であって、何も分からないというのが当然でしょう。しかしながらその後の自分の頑張り、努力によって成長の度合いが大きく変わってくるものです。大切なのはそれぞれの職業で何を重点的に学んでいくかということ。

例えば看護師は、実務経験によって成長するものです。しかしそのためには、まず専門知識を頭に入れておくことが重要になってきます。ただ言葉や単語を覚えるだけではなく、それがどういった内容であるのか、施術や治療の方法、使用する器具などと合わせて覚えなければなりません。

そしてここで大切なポイントになってくるのが、同じ専門用語でも病院に意味合いが変わってくる場合があるということ。それぞれの病院での方針を学ぶことも大切になります。看護師の仕事は人の命を預かるものであり、専門用語が分からず聞き返すといったちょっとしたことでも命の危機に陥る場合があるのです。そのためにも専門知識をしっかりと身に着けておくことが大切であり、基本を押さえておくことが仕事をスムーズに連携させることに繋がるのです。

言葉を知っておくことで現場をもっと理解できるため、新人として入ったらとにかく専門用語は早めに覚えるようにしましょう。分からないことを尋ねられるのは新人のころだけですので、その時間を有効活用してスキルアップを図ることが大事です。基礎の土台がない時期に応用しようとすると、必ずミスに繋がります。新しい知識を頭に入れようとする前に、まずは仕事の基本的な専門知識を身につけることを忘れないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です